トーナメントについてトーナメントについて

ごあいさつ

大会会長大会会長

1973年に始まったKBCオーガスタはこの夏、45回目の記念大会です。大会は今年も、特別協賛スポンサーにRIZAP株式会社様をお迎えし、「RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント2017」として開催します。

長きに渡る開催もひとえに、ご来場下さるギャラリーの皆様、特別協賛を賜りましたRIZAP株式会社様、多大なご支援を毎年頂戴している協賛企業各社様、糸島市はじめ地域自治体・関係諸団体の皆様、大会運営を支えて下さる多くのボランティア・学生の皆様、長期間をかけて最高の舞台を整えて下さったコース関係者、そしてテレビ放送を通じて熱いプレーに注目して下さる全国のゴルフファンのお蔭です。深く、感謝と御礼を申し上げます。

昨年の大会は最終日に激しい雷雨のため3時間中断しましたが、コース関係者の懸命な復旧作業により、無事にすべての選手がホールアウトしました。そんな中、第1ラウンドから、ショートゲームに抜群の冴えをみせた石川遼選手が、4日間、首位の座を譲らず、完全優勝を成し遂げました。怪我のためアメリカから帰国している中、復帰第2戦での優勝は、石川選手の強さをあらためて印象付け、大会の歴史にその名が刻まれました。

そして、今年の45回記念大会。テーマは「Challenge for Change!」です。ギャラリーの皆さまが、選手をもっと身近に感じられるような企画からお祭りグルメ食べ放題まで、今までにない新しいゴルフトーナメントにチャレンジします。もちろん、選手達は、より一層の高い技術と成果を見せてくれることでしょう。また、ジュニア育成プログラムも11年目を迎え、各ジュニア大会の優勝者に加え、当社主催のジュニアチャレンジ選手権の上位2名も本大会に挑戦します。ジュニアから羽ばたいた石川選手のように、次代を担う若い選手たちのプレーにも大いに期待が集まります。

KBCテレビでは大会を全国放送しますが、今年は最終日を生放送でお伝えする予定です。リアルタイムで手に汗握るスポーツの迫力をご堪能ください。

大会副会長大会副会長

残暑の候、皆様ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

このたびの福岡大分豪雨災害により、被害を受けられた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
今なお、復旧作業に従事されている皆様のご安全と被災地の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

当社が、この国内有数の歴史と伝統を誇る本大会に特別協賛させていただき「RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント」として、3年目を迎えることとなりました。この晩夏のビッグトーナメントに、3年続けて特別協賛させていただく栄誉に対し、九州朝日放送様をはじめ、日本ゴルフツアー機構様、大会関係者各位へは勿論、これまで本大会を応援して下さった九州・全国のゴルフファンの皆様に熱く御礼申し上げます。

当社は、人生が健康で自己実現の可能性にあふれるよう、生涯のパートナーであり続けるという企業理念のもと、「RIZAP」や「RIZAP GOLF」を展開しており、どの事業でも、お客様の真のニーズにお応えし期待を上回る感動を提供し続けて参りました。RIZAP GOLFでは、「ゴルフは楽しいものである」と思っていただくために、気軽に相談できるパートナーという立場から、ゴルフ界をますます盛り上げていきたいという強い思いをもっております。また、一般の方々にもっと楽しんでいただき、プロゴルファーを身近に感じてもらえるようなトーナメントを開催したい、ゴルフ人気向上に寄与したいという思いから、本年は「Challenge for Change!」というスローガンを掲げ、食べ放題・飲み放題や、選手紹介セレモニーなど、国内トーナメント初の試みを多々ご用意しております。
是非、ファンの皆様には会場に足を運んでいただき、新しく変革を遂げた「RIZAP KBCオーガスタ」を感じて頂きたいと思います。

本大会の参加選手の皆様におかれましては、それぞれが大きな目標を掲げられていることと思います。4日間の熱く苦しい戦いが予想されますが、選手の皆々様が「結果にコミットする」、強い気持ちを持って戦い抜かれることを、心より祈念致しております。

最後に、本大会がゴルフファンの皆様にお楽しみ頂ける熱いトーナメントになることを心より願っております。そして、本大会の出場選手の皆様、そしてご尽力頂いた関係各位・ボランティアの皆様の、今後ますますのご活躍を心からお祈りいたします。